イタリアンのさまざまな楽しみ方

日本で人気のイタリアンメニュー

イタリア料理は、日本でイタ飯やイタリアンと呼ばれており人気が高いです。
イタリア料理は、素材の味をいかしたシンプルなお料理が多いです。
おしゃれなイタリアンは、デートや女子会などにも最適です。
新宿のイタリアンバル NUOVOはアクセスも良いため、買い物帰りの女子会などにはぴったりと言えるでしょう。
また、家庭でイタリアンを作られる方も多いです。

 

日本で人気のイタリアンのメニューは、
モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼや魚介類のカルパッチョ、パスタなどです。
また、ピッツアやバーニャカウダなども高い人気があります。
イタリアンの代表であるパスタ料理は、
さまざまなソースや食材と合わせて楽しまれています。
また最近では、日本でも本格的なまき窯で焼いた
モチモチした耳と薄い生地が特徴のピッツァを食べられるお店が増えています。

 

またご家庭ではイタリアンの軽食として人気のブルスケッタが、
おつまみや前菜として支持されています。
ブルスケッタは、もともとイタリア中部の郷土料理です。
簡単なブルスケッタは、オーブンで軽く焼いたパンにニンニクをこすりつけて香り付けします。
さらに、オリーブオイルをかけて塩とコショウをふり完成です。
ブルスケッタは、さまざまなトッピングをのせて楽しまれています。
トッピングは、トマトや生ハム、チーズ、きのこなど数多くの種類がレシピサイトで紹介されています。

 

ショートパスタにあたる、ジャガイモと小麦粉で作られるニョッキも人気の1品です。
お1人で手軽に食べられる際には、
オリーブオイルとたっぷりのパルミジャーノレッジャーノをすりおろして食べられるのがおすすめです。
また、オリーブオイルと少し塩コショウをかけるだけでもおいしくいただけます。
しかし、チーズを使う際はパルミジャーノレッジャーノを使用しましょう。

イタリアンの本場イタリア人の食習慣

日本でもイタ飯やイタリアンと呼ばれ人気が高いイタリア料理は、
デートや女子会などでも利用されています。
 

 

イタリア人のご家庭のソースなどは、
そのレシピが代々の母親たちによって引き継がれています。
イタリア人は、食事を愛して楽しむ事にかけても有名です。
また、多くの方がイタリア人の食欲にびっくりされます。
そこで、イタリア人の食事習慣について調べてみました。

 

イタリアのバルは、カウンターで立ち飲みする喫茶店です。
バリスタが、エスプレッソやカプチーノなどを作って提供してくれます。
イタリア人の多くは朝は何も食べませんので、
バルや自宅で朝食代わりにカプチーノを飲む方も多いです。
バルでは多くの方が、
朝だけでなく仕事帰りや何かにつけてエスプレッソやカプチーノを楽しんでおられます。

 

昼食は、大体13時半から14時頃に食べ始めます。
その為、イタリアのオフィスやお店などは12時半から13時頃にいったん閉まり、
15時頃に再びお店が開きます。
つまり、13時から15時の間に昼食をとる方が多いです。
その為、自然と夕食の時間も遅くなります。
イタリアのレストランは、20時や21時過ぎから賑わい始めます。

 

イタリア人が食べている普段の食事は、
パスタや肉もしくは魚、野菜、パンといった取り合わせが多いです。
イタリア人は、ショートパスタをよく食べます。
肉や魚は、焼いたものや蒸したものなどが多く、味付けもシンプルなものが多いです。
野菜は生食が多く、豆をよく食べます。
食事の際は欠かさずパンを食べ、多くの方がワインを飲みます。
イタリア人は、リストランテでの外食の際には大変多くの量を食べます。
またイタリア人は食事全体にかける時間を非常にたくさん取り、
時間をかけておしゃべりを楽しみます。

更新履歴