ピアーダはイタリアのサンドイッチ

ピアーダはイタリアのサンドイッチ

人間の営みは、国や地域を隔てることなく共通したものが見受けられることがあります。
農業や稲作は世界の広い地域で行われていますし、生きるための家畜を育てるという人の営みも全世界共通です。

 

そんな人の営みの中でも食に関する共通点に焦点を当ててみましょう。
家から遠く離れた場所で仕事をする場合、携帯出来る食事を持って出かけなくてはいけません。

 

アメリカやイギリスならサンドイッチ、日本ならおにぎりのように主食に具材を詰め込んだ形の軽食は世界中で作られています。
イタリアのサンドイッチともいえるのがピアーダと呼ばれる料理です。

 

ビアーダは小麦粉に塩やオリーブオイルを加えて表面が焦げ付くまで焼いた生地に具材を挟んだ、クレープのような見た目をした軽食です。
ピアーダが生まれたロマーニャ地方はイタリアの中でも食の宝庫と呼ばれるほど農産や牧畜に力を入れています。

 

ハムやサラミ、ソーセージといった肉の加工品はイタリアを代表するほど質の高いものを生み出していますし、もちろんチーズも絶品です。
こうした食材を気軽に食べられる方法としても、ピアーダは地元の人たちから愛されているのです。
イタリアではピアーダ専門の屋台やお店も少なくありません。

 

気軽に食べられる軽食は、世界のどの地域でも需要があるということです。
そんなピアーダを日本にいながら食べたいという人は、2つの方法をお試しください。

 

1つは、イタリアの食材を扱っているお店でピアーダの生地を買い、自分で具材を挟むという方法です。
もう1つは、イタリアン料理店でピアーダを扱っているお店を訪れるというものです。
美味しいピアーダを食べて、イタリアに住む人たちの生活に思いをはせてみるのも良いでしょう。

 

私のおすすめ居酒屋はこちらhttps://r.gnavi.co.jp/3fj4absn0000/