イタリアンが日本で受け入れられた理由とは?

イタリアンが日本で受け入れられた理由とは?

友人との食事や女子会、デートなどイタリアンを利用する方は多くいると思います。
日本人にも大人気なイタリアンなのですが、何故ここまで人気なのでしょうか。
どんな街にも必ずひとつやふたつ、規模は違えどイタリアンレストランはあるようです。
 
ここまでイタリアンが日本で人気になった理由は、どんなところにあるのでしょうか。
ここでは、イタリアンが日本で受け入れられた理由を掘り起こしてみましょう。

 

●日本人の食生活に近い
イタリアンと肩を並べて人気なヨーロッパ料理のひとつが、フレンチです。
フレンチも当然日本で人気の高いジャンルではありますが、やはり重いという印象が強いようです。

 

重厚なソースやボリューミーな肉、サラダ、スイーツなど、どうしても“たまになら”という印象となるようです。

 

その点、イタリアンはリゾットやピザ、パスタなど日本人の日々の食卓にも上がるような、
食生活に馴染みやすいメニューが多いことが理由と言われています。
宅配ピザがあるくらい、馴染みが深いのは、食生活にある程度合っているから、と考えることができそうです。

 

●カジュアルでおしゃれ
イタリアンの気質上、カジュアルかつおしゃれというイメージが日本にはあるようです。
陽気なイタリア人の雰囲気が食事スタイルにも現れたことで、
ワイワイ居酒屋のような感覚で使いやすい、ということも大きな理由でしょう。

 

フレンチのように形式にこだわる必要もありませんし、
誰でも気軽に楽しめるという部分も日本人には合っていたのかもしれません。