イタリアンを提供するお店の値段の違い

イタリアンを提供するお店の値段の違い

イタリアンは、私たち日本人にとって身近な料理の1つになっています。
ピザやパスタといった定番メニューはもちろんのこと、
ティラミスやエスプレッソといった気軽に食べられる料理についても、
日本人が当たり前に食べているイタリアンなのです。
現代の日本においては、様々な飲食店がイタリアンを提供しています。
本格的なレストランから気軽に食べられる居酒屋まで、値段もお店ごとに違います。
 
今回は、値段が高いお店とリーズナブルなイタリアン料理店の違いについて迫っていきましょう。

 

 

イタリアンにおいて、最も重要なのは食材の質です。
本格的なイタリア料理店では、イタリア本国から材料を取り寄せているお店が多く見受けられます。
食材を輸入するということはそれだけコストがかかりますから、料理の値段も当然高くなるのです。
一方で、気軽にイタリアンを食べられるお店については、
日本国内で入手出来る食材を上手に使って、本場イタリアの味を再現しています。
また、調理器具に関してもかかっているコストが値段に反映されている点にも注目です。
イタリアンの代表であるピザは、本来お店に備え付けられた窯で焼くのが一般的です。
本格的なイタリア料理店では、
本場の窯を再現するために窯を作るための材料までもイタリアから輸入することがあるのです。
お安くイタリアンを提供するお店では、日本製の材料で窯を作ることも少なくありません。
こうした材料や器具の違いによって、同じイタリアンでもお店ごとに値段が変化しているのです。
しかし、安いからといって必ずしも味が落ちるというわけではないことも覚えておきましょう。
コストを削減していたとしても、調理等の工夫次第でお客を満足させることが出来るからです。
値段はあくまで1つの目安として、
自分の舌に合うかどうかでイタリアンを提供する居酒屋やレストランを楽しんでみてください。