イタリアンはどんな料理なのか

イタリアンはどんな料理なのか

イタリア料理のなかでも、パスタやピッツァは世界中で有名です。
日本では、イタ飯やイタリアンと呼ばれて多くの方から指示されています。
多くの方がデートや女子会でも利用されているイタリア料理とは、どんな料理なのでしょうか。

 

イタリア料理は、イタリアを発祥とする料理でユネスコの無形文化遺産に登録されています。
また、フランス料理の原型であるとも言われています。
イタリア国内でも各地域によってさまざまな特徴があり、
地中海に面する地域では魚介類を用いた料理が多く見られます。
また、イタリアの北部や内陸の地域では肉やバター、生クリームを使った料理も多く食べられています。
南イタリアの料理には、オリーブオイルやオリーブ、トマトが多く使用されています。
また、パスタやピッツァ、パンなども各地域でさまざまな特徴があります。

 

イタリアンでは、食事の際の口直しや皿のソースを拭って食べる為にパンが必ず提供されます。
日本のお米のように、イタリアでは食事の際に欠かせないのがパンです。
イタリアでは、パンにも地域によって発酵の仕方や味付け、形などに違いがあります。

 

イタリアンで人気が高いピッツァは、イタリアではピッツェリアで食べられています。
ピッツェリアでは、ピッツァが速く安くおいしく提供されます。
気軽に食べられる夕食の場として、多くの方が利用されています。
イタリアのピッツァは、1人で1枚を食べる為サイズも大きいです。
また、ナイフとフォークを使用して1口サイズに切って食べます。
イタリア人もピッツァを食べる際は、ビールを飲まれる方が多いです。

 

梅田のオススメ居酒屋http://umeda-kuranosuke.com/