イタリアワインとフランスワインを比較

イタリアワインとフランスワインを比較

ワインと一言でいっても、その特徴は生産地によって大きく異なります。
ワインの生産地と言えば、イタリアやフランスが有名ですが、イタリアワインとフランスワインの違いについて紹介します。
まずイタリアワインとフランスワインとでは、気候が異なるため、気候が味に大きな影響を与えます。

 

イタリアは、ワイン造りに適した温暖な気候で、世界一のワインの生産量を誇ります。
地方ごとに固有品種も多く、手軽なワインから高級ワインまで、多様性に富んでいます。

 

イタリアワインは、造り手の個性が前面に出るため、購入の際には、生産者までチェックする必要があります。
イタリアワインの味の特徴は、ワインの種類によって異なるため、一概に言えません。
ですが、総合的に見ると、果実味や甘みが強く、渋みはあまりないタイプのワインが多くなっています。

 

フランスは、石灰質の土地が多く、ブドウ造りに適しています。
そのため、良質なワインが多く、繊細で複雑な味わいのワインとなっています。

 

フランスのボルドー地方の赤ワインは、ワインの女王と呼ばれています。
その味は、女王らしく、キメ細かく、しっとりとした味わいと評価されています。

 

また、イタリアワイン、フランスワインに次、世界第三位のワイン生産国がスペインです。
スペインのワインは、近年急成長を遂げています。

 

スペインは、ワイン造りに適した気候なので、甘みと酸味のバランスが抜群のブドウが取れます。
スペインと言えば、赤ワインですが、長期熟成されたスペインワインは、きめ細かく香りも口当たりもいいと人気があります。

 

このように、生産地によって、ワインは味が大きく異なるので、自分がどのワインが好きなのか、いろいろ飲み比べてみて下さいね。